外国人技能実習生受入れのメリット


外国人技能実習生受入れ制度とは

外国人を日本の企業が受入れ「技能実習」を通じて、技術・技能・知識の修得を支援し、母国への技術等の移転を図るという人的な国際貢献を目的として、技能実習法に基づき実施している制度です。
【 技能実習制度の仕組みについてはこちら ⇒ 】

受入れには、決められた条件があります。例えば、技能実習の対象となる職種および作業が決まっており、実習生の技術・技能習得に係る作業が、同一作業の反復(単純作業)業務でないことや、企業の常勤者人数等により受け入れられる人数枠も決められております。また、技能実習生の宿舎や生活に関わる物(寝具・什器ほか)の準備などが必要となります。
在留期間については、下記の図のとおり、技能実習1号が1年、技能実習2号が2年、技能実習3号が2年の最長で計5年となっております。(詳細についてはお問合せ下さい)

協同組合サポート内容

  • 現地就職相談会開催
  • 現地面接サポート
  • 求職企業様にベストな マッチングをサポート
  • 日本入国前の生活研修実施
  • 実用的な日本語研修
  • 資格取得サポート
  • 受入企業様向けコンサルティング
  • 就労における技能実習生サポート
  • キャリアプランサポート
  • 技術関連の日本語研修
  • 生活指導及びサポート
  • 各種イベント実施
  • 日本語検定サポート
  • 異文化交流会実施
  • 実用的な日本語研修

 

 

法令等は、以下のサイトをご覧ください。

法務省ホームページ
http://www.moj.go.jp

入国管理局ホームページ
http://www.immi-moji.go.jp

外国人技能実習機構(OTIT)関係法令等
http://www.otit.go.jp/hourei

加入組合員様ご紹介

  • 金属加工
  • 印刷
  • プラスチック製品製造
  • 通信機械器具製造
  • 家具装備品製造
  • 炭素製品製造
  • 建設業(タイル施工/型枠/さく井)
  • 自動車部品製造
  • 溶接
  • 工場板金
  • 農業
  • その他

業務の運営に関する規程


※ 外国人技能実習生受入れ事業は、組合の賦課金によって運営されております。