特定技能外国人受入れのメリット


在留資格『特定技能』とは

在留資格「特定技能」に係る制度とは、中小・小規模事業者をはじめとした深刻化する人手不足に対応するため、生産性向上や国内人材の確保のための取組を行ってもなお人材を確保することが困難な状況にある産業上の分野において、一定の専門性・技能を有し即戦力となる外国人を受け入れていくものです。
【 特定技能の仕組みについてはこちら ⇒ 】

※2018年12月の臨時国会において、在留資格「特定技能」の新設を柱とする「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律」が可決・成立し、2019年4月1日より人手不足が深刻な産業分野において「特定技能」での新たな外国人材の受入れが可能となりました。

登録支援機関サポート内容

  • 現地就職相談会開催
  • 現地面接サポート
  • 求職企業様にベストな マッチングをサポート
  • 日本入国前の生活研修実施
  • 基本的な日本語研修
  • 資格取得サポート
  • 求職企業様向けコンサルティング
  • 就労における特定技能外国人サポート
  • キャリアプランサポート
  • 技術関連の日本語研修
  • 生活指導及びサポート
  • 各種イベント実施
  • 日本語検定サポート
  • 異文化交流会実施
  • 実用的な日本語研修

 

 

法令等は、以下のサイトをご覧ください。

受入企業様ご紹介

  • 金属加工
  • 建設業
  • 自動車部品製造
  • 溶接
  • 農業
  • その他

業務の運営に関する規程


※ 外国人技能実習生受入れ事業は、組合の賦課金によって運営されております。